20数年前、僕の子供の頃、商店街の事を『町』と呼んでいた。

振り返ってみると笑えるがよそを知らない少年には十分な居場所だった。

家からチャリをこいで30分、ちまきやと言うデパートがあり、ダイエー、ユニクロや無印、本屋に文房具屋に時計やスポーツショップに美味しいまんじゅう屋さん、ロッテリアやマックドナルドもあった。

用もないのによく友達と通ったのを思い出す。山口駅からもアーケードまで歩いて約7分。

イチョウ並木沿いには個性的な個人店が所々にあり、きずいたらアーケードまでたどり着いてた気がする。

昔の商店街とは人を寄せ付ける魅力ある町だった。

現在はと言うと全国的に問題になっていますが繁栄している商店街は全国の1%しかないそうです。

あそこの商店街よりマシとよそと比べてる話では無いようです。

まあそんな商店街にお店を出す事になったのですが、私が商店街の為に出来る事はただただ足を運んで来て頂いたお客様に美味しい料理やおもてなしで喜んでいただく事だと思っております。

商店街が人と人とを繋ぎ、人と地域社会を繋ぐ事で商店の繁栄すると信じております。

その結果としてお手伝いになればと思います。

商店街の祭り、イベントでも思い出があるこの場所で商売ができる事を誇りに思い、子供達にも思い出の場所を残してやれればと思います。

今日は商店街でイベントです。

毎日このくらい人がいらしてくれれば商売繁盛かな笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です